高校生の脇毛処理のコツ

脇毛処理の仕方

MENU

高校生の脇毛処理のコツ

高校生ともなると、同性同士で美意識の高まりや異性とのお付き合いなどから、無駄毛の処理に悩むことも多いですよね。

とくに脇毛は太くて濃い毛なので、処理していないと目立ってしまいます。

そこで、高校生におすすめの脇毛処理のコツについてご紹介します、

まず、脇毛の処理方法には、カミソリ、毛抜き、除毛テープなどの自己処理が挙げられます。

これらは、手軽で、コストも安く、自宅ですきな時に処理できるので、根強い人気ですが、実は落とし穴があります。

これらの自己処理は、肌の角質層まで傷つけ、肌荒れ、炎症などの肌トラブルを起こしやすいのです。

若い時期に間違った脇毛の処理方法をして、それを何年も続けていると色素沈着して脇が黒ずんできてしまう可能性も高まりますので、止めた方が良いです。

では、どんな方法がおすすめなのでしょうか。

お肌に一番優しくおすすめなのが抑毛ジェルのコントロールジェルmeです。

毛の発育を抑制し、しかも濃い毛は細い毛にする働きがある成分を配合しているので、徐々に目立たなくしてくれます。

普通にカミソリやシェーバーでのムダ毛処理後の保湿剤代わりに塗るのがコツです。

使い続けていると効果を実感できます。

私は大人ですがアトピーで敏感肌なのでコントロールジェルmeを1日2回塗って抑毛していますよ。

脇毛は、50日間くらいでムダ毛処理不要になりました。

脇毛だけでなく腕や脚や顔の鼻下のムダ毛やデリケートゾーン(VIOライン)のムダ毛処理にも使っています。

抑毛効果だけでなく保湿効果や美白効果も高く良いので満足してリピート中ですよ。
返金保証つきなのも、試しやすいです。


あとは、脱毛エステという方法もあります。

16歳以上であれば、ほとんどの脱毛サロンに通うことができます。

最近はミュゼプラチナムエピレをはじめ、脇毛処理なら高校生でも無理なく通える安いプランを提供しているサロンが多いのでおすすめです。

但し、親の同意書が必要となるので、親の理解が必要ですね。

また、エステに通うのは難しい人には家庭用脱毛器ケノンという選択肢もアリです。

ケノンは家族で使えるのも人気です。

初期費用は数万円かかりますが、好きな時間に自宅で脱毛できて、脇毛以外にもVIOラインや腕、脚、顔にも使えるのでトータルで見るとコスパが一番優れています。
美顔機能もついていて人気です。

ただ、抑毛ジェル、脱毛エステ、家庭用脱毛器は、カミソリなどの自己処理より肌に負担が少ないのですが、すぐに毛を処理したい人には向きません。

無駄毛が気になるのは春先〜夏にかけてですが、ギリギリになってあわてても間に合わないので、秋冬からコツコツ脇毛の処理のことを考えてお手入れするのがポイントです。

ミュゼで脇毛処理も簡単で格安!

ミュゼプラチナムで脇毛処理は簡単にキレイ!
返金保証もついて追加料金もキャンセル料も不要!
清潔感がある店内と女性スタッフの安心対応も人気
WEBの公式サイトからの無料カウンセリングで格安に!
ミュゼ脇処理