妊娠中の脇毛処理はどうする?

脇毛処理の仕方

MENU

妊娠中の脇毛処理はどうする?

妊娠中は人によっては毛深くなる人もいて、脇毛をはじめ、いろいろな場所の無駄毛の処理に悩みますよね。

無駄毛処理をして赤ちゃんに影響はないのかなども気になります。

まず、脱毛エステや医療クリニックでの医療脱毛は妊娠中、授乳中はできないことになっています。

その理由は、レーザーを照射することで、ストレスを感じ、悪影響を及ぼす可能性があるからです。

お腹の赤ちゃんに影響があるというよりも、もし赤ちゃんに何か合った場合、脱毛したせいだ!と思い悩まないようにするためです。

また、お腹がだんだん大きくなってくると、脱毛施術のためにベッドに横になるのも大変ですよね。

だから、妊娠中は脱毛できないのです。

では、カミソリや電気シェーバーなら良いのかというと、これもできれば避けたいです。

妊娠中はホルモンバランスが乱れているため、ちょっとした刺激でも肌が荒れやすくなったりします。

カミソリ負けしやすくなることもあります。

ですので、できれば出産するまでは自己処理をしないのをおすすめします。

ですが、妊婦検診のときや夏場の出産となると、毛深いのがどうしても気になるという人もいますよね。

実際は、産婦人科の先生は、妊婦さんの毛深さまで見ていることはまずありませんが、どうしてもなんとかしたいという場合は、コントロールジェルmeを使うのがおすすめです。

コントロールジェルmeは、抑毛ジェルで、肌に優しい天然植物由来の成分を使っています。
私も毎日使ってツルツルすべすべですよ。

脱毛やカミソリでの毛の処理ができなくても、徐々に目立たないように毛の育毛を抑制してくれるのがメリット。

しかも、コントロールジェルmeの有効成分はイソフラボンです。
他の抑毛効果があるハーブ成分も豊富です。

女性の美容と健康に良いイソフラボンも配合なので、ホルモンバランスが乱れがちな妊娠中の女性でも安心して使えますよ。

ミュゼで脇毛処理も簡単で格安!

ミュゼプラチナムで脇毛処理は簡単にキレイ!
返金保証もついて追加料金もキャンセル料も不要!
清潔感がある店内と女性スタッフの安心対応も人気
WEBの公式サイトからの無料カウンセリングで格安に!
ミュゼ脇処理